東京都世田谷区道路建設局2017.05.08

 

24mm(八分角)篆書・印篆:東京都世田谷区道路建設局

 

今回は枠が太く、逆に字が細いというパターン。
横文字三行で、しかも行によって文字数にばらつきがある。
となれば、一文字一文字ではなく、全体的にバランスを考えながら彫らなければなりません。
文字によって太さが変わってはいけないし、横の字と高さも揃えなければならない。
一文字ずつ仕上げていっては、確実に失敗するでしょう。

 

なので、それぞれの文字のメインとなる線、字の輪郭を形作る線から先に仕上げ、最後に中身を仕上げていきました。
一部分にのみ集中することなく、ほかの字とのバランスを常に考え続けて彫りあげる。
言うだけなら簡単ですが、これもまた経験から学んでいくしかありません。

 

もちろん、自分もまだまだ勉強中です。
先生からは字が硬いと言われましたし、次回は気をつけねば。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です