仕事環境って本当に大事。2017.06.12

 

普段の木口彫刻では、回転式で角度のついた作業台でハンコを彫っています。
しかしゴム印は、角度がついていると台から滑り落ちてしまうので、あえてフラットな作業台で彫っていました。

 

そのため、どうしても姿勢が悪くなり首や肩に負担がかかり、数時間も彫っていれば痛くなる始末。
そうなると集中力も続かないし、効率も落ちる。
どうにかならないかと考えた結果……。

 

ふと思い立つ。

 

木口で使う篆刻台にそのまま板を張り付けてゴム印を彫ればいいのでは?

 

これならすべり落ちないように手で押さえる必要はないし、回転も楽。
むしろなぜ今まで気づかなかったんだろう……。

 

現に、この状態でゴム印を彫っても首や肩が痛くなりませんでした。
これはいい。

 

8月のゴム印の検定試験に向けて、練習を重ねなければ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です