長い時間をかけたのに2017.11.10

 

先月の蔵書印まつりで、ゴム印の密刻を実演彫刻しました。
先日、中断していたそれをようやく彫り終えました。

 

しかしいざ捺してみると、何度やってもきれいに写らない箇所が。
思い返してみると、そこは切れ味の落ちたゴム刀で切り回した場所でした。
印面が傷ついてしまったということか。

 

手抜きをしたらろくなものができない。
いざこういうことに直面すると、改めて痛感しますね……。

 

 

もちろん、実際の仕事では常に最善をつくすつもりですが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です