平日大工2015.10.06

台木を作る

前回のイラストハンコで一気に台木を消費してしまったので、新しく追加しました。

保護ケースである印袴も手作りですが、実は台木も買ってきた木の板を加工したものです。

 

消しゴムハンコ用にすでに加工された台木がセットで販売されていますが、種類が少ないし微妙に大きさも違う。
だったら自分で作ろうと。

 

手頃な厚さの板を購入し、のこぎりで切り離し、ノギスで測りつつ鉄ヤスリでひたすら削る。
大きさがそろったら、紙やすりで表面を滑らかにする。
けっこうな重労働ですが、満足のいく台木が完成しました。

ここまでサイズにこだわるのは、印袴とのフィット感も重視しているからです。


通常、ハンコ用に作られる印袴は、それぞれ微妙に形の違うハンコに合わせてすべて手作業で作られます。
だからこそ、スムーズな取り外しが可能となり得ます。

前回のようなゴム印に印袴を使うのはイレギュラーですが、台木さえちゃんとした大きさであれば、同じサイズで印袴が量産できる利点があります。
よって、台木のサイズを揃えることは、なくてはならない作業なのです。

 

通常のハンコ用に作られる印袴はもちろんですが、消しゴムハンコ用に作った印袴と台木もご用意しております。
手作りならではのぬくもりと、程よいフィット感を実感していただければと思います。

 

購入はこちらからどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です