デザインフェスタ43を終えて2016.05.16

 

01 02 03 04

 

5月14日と15日、東京ビッグサイトで開催されたデザインフェスタに参加してきました。

 

手彫りハンコの魅力を伝えるべく、全国から集まったハンコ職人たち。
その彫刻要員として、自分も参加させていただきました。
今年で三回目となります。

 

今回の目玉は、なんといっても手彫り体験。
実際にお客様にハンコを彫っていただき、職人のサポートを受けつつ手彫りの技術を体感していただく。
途中からは職人にバトンタッチし、仕上がりまでその場で仕上げる。

 

石に彫る篆刻教室はよく見かけますが、実践的なハンコの彫刻体験はまず見たことがありません。
珍しさもあってか、この貴重な体験をされたお客様は二日間合わせて三十名ほど。
自分も5名を担当させていただきましたが、みなさん最後は笑顔で帰られていました。
体験したあと、完成品を後日発送することも可能だったのですが、全員が仕上がりまでご覧になっておりました。
それだけ喜んでいただけたのだと、手ごたえを感じることができました。

 

手彫り彫刻を体験することにより、ハンコに対する知識を深めることができる。
対応する側としても、お客様とお話しさせていただくことで得るものは大きい。
より良いものを発信していくことが使命である手彫り職人として、今回の企画の効果は今までで一番高いのではないかと思いました。
その一場面に立ち会えたことをうれしく思います。

 


もちろん、ハンコ屋inデザフェスは手彫り体験だけではありません。
似顔絵およびゴム印、物販、宣伝、設営、すべてをまとめる実行委員。
たくさんの人が関わっております。
そうして実現することができた今回のイベント参加。
改善点もいろいろあったと思います。
ですが、少なくとも自分は成功したと思いました。

 

多くの努力とご協力、そしてお立ち寄り頂いたお客様。
全ての方に感謝を申し上げます。

 

有難うございました。
そしてお疲れ様でした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です