古印体:卑弥呼王2016.05.24

24mm(八分角)古印体:卑弥呼王

 

24mm(八分角)古印体:卑弥呼王

 

ハンコの技術講習会の課題で彫ったものです。

 

偽造の防止という点では、文字を枠につけるのは有効です。

機械彫りでは、枠と文字の接地部分を彫るのが苦手なため、同じハンコを作るのが難しいからです。

 

ただ今回の場合だと、無理に枠につけると文字のバランスだけでなく、全体としてのバランスも崩れてしまうためすべて離しました。

彫る字によっても判断が変わってくるので、職人のセンスが問われます。

もちろん、ちゃんと彫れることが前提となりますが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です