第64回大印展へ2016.11.08

ハンコの技術を競う大会としては主に三つ。大競技会技能グランプリ、そしてこの大印展があります。
こちらは日本で一番古くからある大会で、今年で64回目。
今回、初めて大印展に出品したところ、ありがたくも名誉な賞を頂きました。

 

よって先日、その表彰式に参加するため大阪へ行ってまいりました。

 


なんせ初めての大阪。
さらに慣れない一人旅ですし、そう簡単に行けるとは思っていませんでしたが……。

 


まさか朝寝坊から始まるとは思いませんでした(汗

 


目が覚めたのは、出かける予定の少し前。急いで支度をして家を出たのは予定の30分後。
目覚ましをかけたのに全く気付かなかったという。
こんなことはめったにないので、よりによってなんで今日……という思いでいっぱいでした。

 

さらになんとか新幹線に乗り込むも、直後に送電線のトラブルとかで列車が停止。
15分ほどで動き出したものの、あまりにもひどいタイミングでまた予定が狂い。

 

なんとか大阪までたどり着いたはいいが、電車を乗り換えるたびに道に迷い。
会場にたどり着くまで、何度も駅の中をさまよいました。事前に駅構内の地図を用意していたにも関わらず。
東京駅や渋谷駅もかなりのものだとは思っていましたが、大阪駅もなかなかの魔境でした。
慣れてない人間が行けば、まず確実に道に迷います。

 

そんなこんなで、会場に着いたのは予定より一時間以上も過ぎてからでした……。

 

 

%e5%a4%a7%e5%8d%b0%e5%b1%951


会場は大きなホテルの中にある中華料理店。その宴会場を借りて各受賞作品が並べて展示してありました。

 

まずは受付で、出席者の記帳をするわけですが……。
用意されたのは筆と硯。そう、筆字で書けというのです。
目の前にはベテランの偉い人たち。自分の前に記帳された出席者のお名前は、どれもみな達筆で……。
そんな中で、自分の下手な字を書きこむことのなんと緊張を強いることか。
震えと手汗が止まりませんでした。
当然、まともな字など書けるわけがなく。
後から来られた方々があの字を見ると思うと、いたたまれない思いでいっぱいでした。

 

そんな、予想外の試練を乗り越えつつ、まずは作品の鑑賞。

 


やはりこういう仕事をしていますので、ほかの人の作品を見るというのはとても勉強になります。
自分の作品の改善点を見出したり、上位の作品からヒントをもらったり。

 

 

%e5%a4%a7%e5%8d%b0%e5%b1%952


自分の作品が並んでいるのを見ると、改めて身が引き締まる思いです。
手彫りゴム印:普通の部は、出品数が4つしかありませんでした。
銀賞ではありますが、その中で自分が一位。
つまり実質的には全国一位になってしまったということです。
もちろん、審査対象に加わっていないベテラン勢の技術力には到底及びません。
自分よりも上手な方はたくさんいらっしゃいます。
でも一位という肩書が持つ意味は、とても重い。

 

この後の表彰式で賞状を頂いてから、その実感がようやくわいてきたような気がします。
なにせ自分はまだ勉強を始めて10年にも満たない未熟者です。そして初参加。
それでも高い評価をしていただいた、審査員の方々に深く感謝いたします。

 

 

%e5%a4%a7%e5%8d%b0%e5%b1%953 %e5%a4%a7%e5%8d%b0%e5%b1%954 %e5%a4%a7%e5%8d%b0%e5%b1%955 %e5%a4%a7%e5%8d%b0%e5%b1%956

 

 

帰り道も、電車に乗ろうとした絶妙のタイミングで人身事故でダイヤが乱れていたりと、己の不運を嘆いたりもしましたが。
わざわざ大阪まで行った価値はあったと思います。いい勉強になりました。

 

次回も出品するつもりですが、もう下手なものは出せませんね(笑


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です