印面(いんめん)

印章の、彫刻が施された面を印面と言います。ここが一番重要なのは言うまでもありません。
ここを紙面などに捺すことにより、印影が残ります。
この部分をいかに美しく仕上げるか、職人の腕が試されます。

 

手彫りであれば、印面調整という工程でこの印面の表面をきれいに仕上げますが、安価な機械彫りではその工程をしておりません。
なので印面にわずかな傷や凸凹が残ったまま納品されることになり、当然ながらそんな状態では綺麗に捺せません。
爪の背などで印面を軽くなでたとき、ざらざらしているようならそれは機械彫りだと判断していいと思います。
手彫りであれば、ツルツルしているはずです。
少なくとも、当店ではそうした状態で納品しております。