意外と知らない、ハンコ、印鑑、印章の違い

一言でハンコと言っても、印鑑、印章、印影、印面、実印……など様々な名称があります。
ここでは、今さら聞けないそれぞれの違いについて解説していきます。

 

 

印鑑
ハンコ自体を印鑑と呼ぶこともありますが、本来は自治体や金融機関に登録してあるものを「印鑑」と呼びます。
その印鑑をどこに登録したかによって、たとえば市区町村役場なら実印金融機関であれば銀行印となるわけです。
なのでどこにも登録していない認印は、印鑑とは呼びません。


印章
よく印鑑と混同されがちですが、印章はハンコ本体のことです。一般的にはハンコはんこ判子の方がなじみがあるかもしれません。
つまり、印章とハンコは同じ意味です。
ハンコとはんこはカタカナかひらがなかの違いだけで、同じものだと考えていいと思います。


印影
紙面などに印章を捺し、残ったものを印影といいます。この印影を登録することで印鑑となります。
なので、ハンコ屋さんで売っているものは印鑑とは言いません。印章、ハンコを売っているのです。


印面
印章の、彫刻が施された面を印面と言います。ここが一番重要なのは言うまでもありません。
ここを紙面などに捺すことにより、印影が残ります。
この部分をいかに美しく仕上げるか、職人の腕が試されます。

 

実印

個人用の実印と、法人用の実印では多少意味合いが変わります。

 

個人用の実印は、役所に登録した印章のことをいい、1人1個しか持てない大事なハンコです。
財産、権利の保全や確保、不動産取引、公文書の契約など、重要な用途において使用されます。
実印は姓名で彫刻しなければならないわけではありませんが、姓と名前の両方を彫ったほうが安全です。

 

個人としての実印と違い、法人・団体としての実印とは、市区町村役場ではなく法務局に登録した印章のことです。
法人の設立登記を申請する際に必要となる、一番大切な「実印」です。
会社印、代表者印、会社実印などとも呼びます。