Q:仕上げのとき、墨を塗り直すのはなぜ?

まず、荒彫りを終えた段階では、所々墨が剥げてしまっていることがあるので、それを直すのが一つ。
もう一つは、この段階ではまだ線が滑らかではないため、墨を塗ることでそのギザギザを浮立たせる効果があります。


そうすることで、印面と掘り下げた部分とをはっきり区別できる。
以上の理由から、仕上げをやりやすくするための必要な工程なわけです。

 

当然、ギザギザであるということは、彫るべき線が見定めにくいわけで。
文字の形が頭にしっかり入っていれば問題ないのですが、イラストハンコの場合はそうもいきません。
ですので、仕上げ作業の時は元の図案(左右反転したもの)を見ながら彫っています。