手彫りハンコの特徴

まず、手彫りハンコと機械彫りハンコの違いについてご説明いたします。


主に以下の違いが上げられます。

 

【手彫りハンコの特徴】
・捺しやすい綺麗な印面
 (印面調整により滑らかになる)
・機械彫りに比べて耐久性がある
 (手で彫る際に、断面で言うと台形の形になる。機械はまっすぐ)
・手彫りならではの温もりを感じられる
・同じものは二度と彫れないので、偽造は不可能
・時間をかけて丁寧に彫りあげる

 

【機械彫りハンコの特徴】
・彫るのが早い、安い
・パソコンから打ち出した字なので、味気ない、どれも似通ったものになる
・データさえあればいくらでも複製できるので、偽造されやすくなる
・線の交わる部分を彫るのが苦手。角を彫ることができない
・枠の太さが一定にならない場合がある
 (印材は一見同じに見えても、微妙に真円ではない。機械で同じように彫っても、中心がずれることがある)


実際に印影で見比べてみますと、

 


印影比較


同じ捺し方をしても、これだけの差が生まれます。
この例では楷書で名前を彫っていますので違いが分かりにくいかもしれませんが、
篆書や行書、隷書などでは職人の味が出やすいです。もちろん機械では表現できません。

 


機械彫り手彫り

 


細かい部分を見ればもっと差がはっきり出ます。

機械では細く微妙な曲線を彫ることが難しく、入力したデータに忠実であるがゆえに融通が効かず、線がでこぼこしてしまっています。
手彫りであればそこを考慮して、生きた線として彫りあげることが可能です。


手彫りは図案をそのままそっくり彫るのではなく、途中で生じる不具合を修正しながら彫ることができるのです。


ほんのわずかな差ではありますが、その差にこだわることこそ、捺す方の想いに応えることだと思います。
出来の悪いハンコを捺すことは、自らの価値を下げているのと同じことなのです。

 

 

参考→

騙されているかも? ネットショップの嘘を見抜くポイント5つ

印影で分かる! 手彫りと機械彫りの違い4つ