骨董機械2018.04.16

光電式彫刻機1  光電式彫刻機2

 

ハンコ屋の知人から、なんと古い彫刻機をタダで譲り受けました。

 

数十年前は現役でしたが、現在はロボット彫刻機を使っている。
全く動かされずにほこりをかぶっていたそうです。
捨てるのももったいないし、もらってくれないかという。

 

ならばありがたくいただきます(笑

 

現在はまず見かけなくなった、光電式彫刻機。
パソコン制御による彫刻とは違い、印稿の下から光を当て、光を遮断する黒の部分以外のみに回転する刃が落ちる仕組み。
印稿と印材、連動して回転することによって彫刻できるというわけです。

 

ロボット彫刻機と違って使いこなすのにけっこう苦労しますが、このアナログさを好んで、現在も使っているハンコ屋さんがおられます。
工業高校を出た自分としても、なかなかに心惹かれる機械です。

 

まだまだ操作を勉強しだしたばかりなので、早く使いこなしていろいろ彫ってみようと思います。

 


さーて、なにを彫ろうかな!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です