最後のお仕事2018.05.21

先月、知人より光電式彫刻機をいただいたと書きましたが。

 

いろいろ試行錯誤を重ねた末、残念ながら仕事には使えないことが結論付けられました……。

 


シートを透過した光を感知するセンサーが、かなりおかしくなっているようです。
その結果、彫るべきところに刃が下りない。これは致命的でした。
まともに感知しないものだから、今までのシートでは全く彫れたものじゃない。
そこで、より透明なシートを自作してみるものの、それでも完全ではない。
そもそも自作したシートではまともに印稿が書けない。
センサーともなるとさすがに分解しなければならず、でもできたところで治せる保障はない。
修理を頼めるところもない。

 

もはや打つ手がありませんでした……。

 


せっかくいただいたのに、機械自体がもう寿命だったようで。
泣く泣く、知人にお返しすることにしました。

 

 

ただ、刃が下りないというだけで、回転はできる。
つまり、印材を平らに削ることはできる。
というわけで。

 

 


過去に練習で彫った印材を削りなおすことにしました。
短くはなりますが、練習用なので問題なし。

 

それでも時々深さが安定しなかったり、速度が一定じゃなかったりと、まさに風前の灯火。
燃え尽きる前の最後の仕事を、頑張ってもらいました。

 


今まで何百本のハンコを彫ってきたのだろう。
元の持ち主に代わって、お疲れ様と言いたいです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です