ミニグラインダー2018.05.27

グラインダー

 

 

先日、彫刻機をいただいた知人のハンコ屋からは、ほかにも受け取ったものがあります。

その一つが、こちらのミニグラインダー


簡単に言えば、回転する円盤状の砥石に刃物を当てて削る機械です。
刃物の研ぎ屋さんなどでは、でっかい砥石を回転させて包丁を研いだりしますが、そのミニチュア版ですね。

 

はんこの彫刻機で一番大事な部品の一つが、なんといっても針です。
これがないと彫れません。
何本も彫って切れ味が落ちてきたら、砥ぎなおす必要があります。
通常であれば機械のメーカーさんなどに頼みますが、当然時間もお金もかかります。

 

でもこのグラインダー一台あれば、いつでも砥げるし電気代しかかからない。
しかもこちらは彫刻針を研ぐために作られているものなので、操作が簡単なうえに仕上がりがきれい。

刃を固定する部分は、カチッカチッと15度ずつ回転できるので、針が2面から最大24面まで削れます。
お店によっては、3面だったり4面だったり。いただいた光電式彫刻機の場合は8面でした。
手でやろうとするならよほど熟練した技術が必要なところが、すごく簡単に針が砥げるわけです。
実に優れものです。

 


難点を言えば、かなりの騒音が出ることと、粉が飛び散るので砥石の周りにカバーが必要なこと。
邪魔にならない程度に、周りにビニール袋をかぶせるとだいぶ粉の飛散は防げますが、やはり完全ではなく。
ある程度は覚悟してやる必要があります。
あとは、対応する針の太さが限定的。
ためしに別の知人の彫刻機の針をお借りしたところ、太すぎて金具に固定できませんでした。
刃先の形だけでなく、太さにまでバリエーションがあることを初めて知りました。

 


現在はハンコ関連でしか使っていませんが、せっかくなのでどんなことで応用できるか考えようと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です