青空彫刻2018.10.29

蔵書印まつり1 蔵書印まつり2 蔵書印まつり3 蔵書印まつり4
 
 
二日間にわたる、第24回蔵書印まつりが無事終了いたしました。​
ここ数年は天候に恵まれず、強風や大雨に耐えながらの実演彫刻でした。​
しかし今年は、初日の朝まで天気が悪かったものの、二日間とも屋外で彫り続けることができました。​
もともとは、古本まつりが目的で来られた方が多かったと思います。​
しかしそういった方々にも手彫りの技術をご覧いただくのが目的。​
普段なかなか見られないものですので、二日間通して、たくさんの方の驚きの声をいただきました。​
機械化や効率化が進む世の中で、伝統ある手仕事の職人がまだ頑張っているんだということアピールできたと思います。​
今回から、ビデオカメラとモニタを用意して中継したのも功を奏したかと。​
ただ、電気配線のトラブルで、モニタはもちろん明かりまで消えてしまったのが残念です。​
終わりの数時間は、明かりなしで彫るという事態に。​
次回の反省点となりました。​
売店の方も多くの方が足を止められ、なかなかの盛況だったようです。​
ハンコの注文も、何件かいただきました。​
みんなで手分けして、後日郵送させていただきます。​
仕事の特性上、表に出ることが難しいハンコ屋という職業。​
厳しい現状だからこそ、今後も参加して業界のお手伝いができたらと思います。​
お越しいただいた皆様、ありがとうございました!​
そして運営スタッフの皆様。お疲れさまでした!​
今後ともよろしくお願いいたします!​

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です