堀松印房

一年の締めくくり2019.04.25

 

先日はハンコの講習会の最終日、席上コンクールの日でした。
一年間の集大成として、一日で仕上げて提出する課題。

 

一日と言っても、技能グランプリのように最初から取り掛かるのではなく、ある程度進めてからです。
なのでだいぶ時間をかけられます。

 

 



写真は、荒彫りの終盤。
ここから細かいところを彫ってから仕上げに入ります。

 

実はこの課題、先日の技能グランプリの課題と同じです。

つまり、練習と本番を合わせると今回で6回目となります。
ここまでくるとさすがに子慣れてきた感がありますね……。

 

「竹田城跡城主赤松廣秀」と逆字で書いてあります。

 

 

こちらを仕上げて無事に提出したわけですが……。

印影を見返してみると、確かに時間をかけただけ丁寧に彫れているのですが。
逆に字の勢いが前より減ってしまった印象がありました。
なんでも完璧を求めがちな自分の悪い癖です。

 

 

先日も仕事で、「いいハンコ」を追い求めるあまりに、予想以上に時間がかかってしまいひどい目にあったばかり。
値段は変わらないのに。

 


つくづく、まだまだ自分は経験が足りないと痛感する日々です。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です