堀松印房

平気で嘘をつく素人たち2019.07.17

ふらっと立ち寄ったとあるオンラインハンコショップでは、また嘘で塗り固められていました。
プロからすれば明らかに機械彫りなのに、職人が手掛けているという。

 

ここでのポイントは、手彫り職人とは一切書いていないこと。
職人といっても、ただの機械オペレーターの可能性が高い。
そんな素人が作ったハンコに信頼性なんてあるはずがない。

 

印鑑という単語を乱用している時点で、少なくとも専門家は関わっていないでしょう。
本来は、自治体や金融機関に登録してあるものを「印鑑」と呼びます。

ハンコ屋で印鑑は売っていません。印章を売っています。


だいたい、職人の名前すら書いていない時点でまず疑わしい。

 

無知な客をまんまとだまして劣悪品を売りつける悪徳商法に他ならない。
売っている店側の人間ですら、そこに何の疑問も持っていない可能性すらありえる。

 

納期の速さと安さには、理由があること。
それに見合った危険性があるということ。
そのことを全てのハンコ屋が明記するべきなのに。

 

買った本人は、その嘘に気づいていない。
嘘だと思う余地すらないほど、それがあたりまえになってしまっている。

 

業界自ら、ハンコの地位を貶めてきた結果である。

 


需要が減るのも当然です……。

 

 

そんな怒りを抱きつつも、今日も手作業でハンコを彫ります。

 

本物を求めてくださる、お客様のために。

 

 


参考:
意外と知らない、ハンコ、印鑑、印章の違い
騙されているかも? ネットショップの嘘を見抜くポイント5つ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です