堀松印房

激闘の証2019.10.19

 

今年3月に行われた、第30回技能グランプリ。
その競技で彫ったハンコが戻ってきました。

 

改めて自分の作品を眺めると、なるほど、表彰台に上がれなかったわけだと実感しました。
線質が全体にぼたついている。
シャープさ、勢いが足りない。
文字の形そのものにも、一考の余地があると思いました。

 


思えば、競技当日。

夜行バスで当日朝に到着したので寝不足。
それによりやや体調不良。
止まない耳鳴り。
虫歯。

決してベストコンディションとは言えない状態でした。

 

そんな有様でしたが、敢闘賞をいただけたことは思わぬ幸運でした。

 

ともに激闘を乗り切った戦友ともいうべきハンコを大事にしまいつつ、もっと上手くなろうと改めて思うのでした。

 

 


来月3日には、表彰式に参加するため毎年恒例の大阪出張です。

去年に続いてまた金賞をいただけたので、足取りは軽いですが……。


現在、別件で大きな仕事に取り掛かっている最中ですので、式が終わればすぐ帰ります。

自分との闘いは、まだまだ続く。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です