堀松印房

ドキュメント:歳の印2019 その2「台座づくり」2019.12.01

 

印稿が完成し、9センチ角のハンコも届いた。

 

これで作業に取り掛かることができる。

 


しかし、ここで重大な事実が発覚。

 

9センチ角を固定するために、かなり大きな篆刻台をお借りしていたのですが、それすらもハンコが大きすぎて固定できない。

 

この大きさが入る篆刻台を発注するにはかなり時間がかかるし、なにより高額。
またもや自力でなんとかするしかありませんでした。

 

 

まずとりかかったのは、設計図づくり。

既存の篆刻台を測量し、そのまま巨大化させます。

 


この篆刻台というもの。
実は非常によく考えられた構造をしていることに気づきました。
今まで大して考えずに使ってきましたが、先人の知恵が詰まったものであることを実感します。

 

 


PC上で図面も書き、次は東急ハンズで木材を加工してもらいます。

 


続く。

 

 

 

◆ 動画 ◆


【手彫り】歳の印を彫る。02荒彫り①

いよいよ荒彫り開始。まずは枠から

 

YouTube
https://youtu.be/jCudp6g3gb0

 


ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36029679

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です