堀松印房

ドキュメント:歳の印2019 その6「荒彫り」2019.12.05

 

ここからはひたすら自分との闘い。

文字を残しつつ、赤い部分を彫り続けます。

 


よくコメントでいただくのですが、ここでいう「荒彫り」とは、職人にとっての荒彫りです。
一般の方から見ると、もうこの時点で極小の世界です。

 

ですが、ここまでなら機械でもできること。

本物のハンコは、職人による手仕事が施されて初めて完成します。

その違いを示すことができなければ、職人に存在価値はありません。

 

つまり、職人にとって、荒彫りとは通過点に過ぎないということ。

 


もちろん、ないがしろにしていいというわけではありません。
この荒彫りの出来によって、のちの仕上げ作業にかなり影響します。

 

おおまかな文字の形を残しつつ、次の作業がやりやすいように気を配る。

 

機械でもできる作業なので、ある程度気楽といえば気楽な作業と言えます。

むしろ、手作業の方が大変でしょう。なにせこの文字数ですから。

 


ならば、なぜ機械ではなく手で彫るのか。

 

単純に、このサイズのハンコを彫れる機械がないからです。

 

 


 

 

などといろいろ考えながら彫り続けて95時間弱。


荒彫り終了です。

 


締め切りまで、残り25日。


続く。

 

 

 

 

◆ 動画 ◆

 

【手彫り】歳の印を彫る。02荒彫り⑤95時間弱荒彫り終了


やっと荒彫り終了。これで折り返しです。


YouTube
https://youtu.be/nZ2zf3o3OzQ


ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36046580

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です