堀松印房

ドキュメント:歳の印2019 その11「撮影」2019.12.11


今回に限らず、彫刻途中を撮影しては動画に残してきました。

その際に最も気を付けるのは、アングルです。


手が邪魔で刃先が隠れてしまったり、ライトの明かりで印面が見づらかったり。
ベストポジションを探すのに毎回苦労しています。

 

しかも、うちにあるのは三脚のみ。

可動式アーム型の撮影道具でもあれば、もっと自由にアングルを探ることがきるのですが……。
なかなかいいものが見つからず。
そういう本格的なものは、高額なものも多いですし。

 


そんなわけで、今回も三脚を駆使して撮影しました。

使用したカメラは、一年半ほど前に買ったハンディカメラです。

 


 


4Kほどの画質は無理ですが、それでも以前に使っていた古いデジカメよりは断然高画質。
動画の説得力が増しました。

 


 

 

あとこのカメラの特徴として、ワイプ撮り機能というものがあります。
動画でもありましたが、メインで撮る映像とは別に、サブカメラで別アングルを同時に撮ることができます。
撮影者本人を撮ったり、隣にいる人を撮ったり。
今回は、サブカメラを前方に回して、引いたアングルで撮りました。

 

印面だけでなく、彫刻者も撮影できた。
こういうハンコの紹介動画としては、有効だったかと思います。

 

 

 

続く。

 

 


◆ 動画 ◆

 

 

【手彫り】歳の印を彫る。04仕上げ④60時間経過

 

YouTube
https://youtu.be/BsTcFVmrtM0


ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36072806


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です