堀松印房

小篆:庚子+絵2020.01.16

 


15mm(五分角)篆書・小篆:庚子+絵


講習会の課題で彫ったものをご紹介。


庚子(かのえね)とは、一言でいえばネズミ年のことです。

 

古代中国では、十二支(干支)と十干で年月を表現していました。
組み合わせは60通りあり、今年2020年は十干「庚(かのえ)」で、十二支が「子(ね)」。

次に庚子が来るのは60年後になります。

 

 

ハンコは□や〇の枠があるのが普通ですが、あえてネズミのシルエットを枠代わりにしてみました。
商品としては、耐久性という意味で向いていないですが……。

練習だとこういうお遊びができるので楽しいです。

 


動画も作りましたのでよろしければご覧ください。

 

 

■YouTube

 


■ニコニコ動画

 

https://www.nicovideo.jp/watch/sm36235522

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です