堀松印房

ゴム印彫刻一級技能士2020.03.26

 


先日の技能検定の結果がでました。


無事合格しました!!


これで、木口とゴム印の両方で一級技能士を名乗れます。

 

しかし、これで仕事に困らなくなるなんていうことはもちろんありません。
世間一般では、ハンコの資格があることすら、知る人は少ないです。

 

だから、これはあくまで目安。

 

資格を持っていても、実力が足りない人は実在します。
それはそれで問題なのですが、大事なのはそれで満足しないこと。
ようやくスタートラインに立った、と言ってもいいくらいです。


大会に出品し、今の自分の実力を知る。

入賞に向けて、研鑽を積む。


そして入賞を重ねることで初めて、自信をもってお客様に「本物」をご提供できるようになります。


自分はまだまだ、道の途中。
終わりなんてないのかもしれません。


それでも、適当な仕事なんてしたくない。

これは自分が彫ったんだ、そう胸を張って言える仕事をするために。

 


今日も印面に向かいます。

 

 

 


ゴム印つながりでもうひとつ。

 

 

通常、ゴム印は赤いゴム板に彫刻します。

そのまま台木に張り付けたり、間にスポンジを挟んで接着したりします。

でもそれでも、少しでも凹凸があるところには捺しづらいという欠点があります。


そこで登場したのが、白いゴム。

赤いゴムの二倍の厚さがあり、これを使えば段ボールにもはっきり捺せます。


その白ゴムを手に入れたので、ためしに彫ってみました。

 

 

 

 

 

赤ゴムと同じように彫れるのですが、厚みがあるので、場所によってはより神経を使います。
細かいものは彫りづらい。

 

もともと、ゴム印の大きさは大きくても幅が7センチくらい。
普通はもっと小さいものがほとんど。

なので、白ゴムは大き目のハンコに向いているようです。


平らな紙などに捺すなら赤ゴムで充分ですが、段ボールなど凹凸があるものに捺すなら、白ゴム。

 


商品の選択肢が増えました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です