堀松印房

角印:北村左官商店を彫る。仕上げ2020.07.08

 

 仕上げ前

 仕上げ後

 

 


荒彫りが終われば、いよいよ仕上げ。
ハンコの完成度を決める大変重要な工程です。


荒彫りの時もそうですが、道具の印刀の切れ味は基本中の基本。
切れ味の落ちた刀でいくら彫っても、いいものなんてできません。

 

あとは、刀の形をよく理解すること。

刃をどの角度で、どんな強さでどう入れれば、どう彫れるか。
刃の形をよく理解しておかなければ、細かい作業は不可能です。

そのためにも、自分で何度も砥ぐ練習をしなければなりません。
他人が砥いだ刃物で彫るなんて、自分でも嫌です。

 

 

さて、仕上げのポイントというと。

 

彫り方は人それぞれだとは思いますが、基本的にはまず枠から彫ります。
まずここを押さえないと、先に進めません。

 

続けて、文字の一番外側から彫ります。
今回の場合、6文字全体を一つの文字に見立て、上下左右にあたる線を整えていく。
そうすれば、隣り合った字の位置がずれずに彫り進められるからです。
逆に細かい部分からやってしまうと、せっかくうまくできたのに全体からするとずれている、そんなことになりかねません。

 

全体の字の四辺が整ったら、次に文字ごとの四辺を整える。
そして最後に細かい部分を。

 


ここで大事なのは、一文字一文字を最後まで彫らないこと。

全体的に少しずつ彫り進めていくことで、文字ごとに線の太さに差が出るのを防ぐことができます。

 

でも手作業ですから、どうしても差は出ます。
だから時々全体を見渡して、太さがそろっているかチェックします。

今まで彫っていた部分が、ほかの文字を彫った後に見返すと違って見える。そんなことがよくあります。
なので経験上、一文字ずつ完成させていくやり方は避けた方がいいです。

 


あとは、仕上げによってどうしてもできる文字の土手。これをなるべく削り取ること。

これがあることで、朱肉を付けた時に文字の周りまで赤くなるし、見栄えも悪い。
その状態でながく使い続けて摩耗したら、どんどん線が太くなってしまうからです。

 

さらには、土手があることで仕上げがしづらい。

何十年も使い続けられるようにするためにも、なるべく土手は取り除く必要があるわけです。

 

 

鏡で何度もチェックしながら、違和感がなくなるまで彫り続けて納得したら、いざ捺印です。

実際に捺してみて修正箇所がなければ、これで完成。

今までの努力が報われる瞬間です。


しかし不思議なもので、時間が経ってから改めて見返すと、いろいろ見えてくるものがあります。

なので、彫ったらそれでおわりではなく、時間をおいてから見返すことも大事です。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です