堀松印房

篆書・小篆:英雄欺人2021.09.29

 

24mm(八分角)篆書・小篆:英雄欺人

 

意味:

傑出した能力を持つ人は、素人の思いつかない奇抜な計略や行動をとるということ。

 


講習会の課題で彫ったものです。


よく見ると分かると思いますが、実は数か所失敗しています……。
今見れば、文字のバランスもちょっと悪い。
仕事だったら確実に彫りなおしです。

どうするか迷いましたが、自分への戒めも込めてUPしました。

自分もまだまだ普通の人間です。

 


先日、荒彫りの時に使う当て木を新しくしましたが、思った通り彫りやすくなりました。

 

印材を挟んで固定する篆刻台、それを設置して回転させる傾斜台は購入したものですが、
その傾斜台をさらに斜めにして高くし、彫る姿勢の改善を目的に作った台は自作したものです。

 

自分に限らず、道具を含めて作業環境を改善しようとする職人さんは多い。
弘法筆を選ばずなんて言いますが、いい道具と環境があってこそいい仕事ができると思います。

 

 

 

それでは動画をどうぞ。


■YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=DAHinsByNKY

 

■ニコニコ動画

https://www.nicovideo.jp/watch/sm39403674


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です