堀松印房

篆書・小篆+絵:一字千金2022.03.23

 

30mm(一寸角)篆書・小篆+絵:一字千金


講習会の課題で彫ったものです。


一字千金とは:

文章、詩、筆跡などが立派ですぐれていること

 


お客様から預かった大切な名前を、配字し、バランスをとり、完成度を上げていく。
機械では決してできない、気品さえ漂うほど調和のとれたハンコを手で仕上げていく。
一文字一文字に全力で挑むことは、ハンコ屋として当然の義務です。

 

しかし現状は、その最低限のプライドすらないハンコ屋だらけ。

売れればなんでもいい、消費者に良し悪しなんて分からない。

 

そんな姿勢だからこそ、逆に信頼をなくし、ハンコの価値すらなくしてしまっている。
まさに自業自得。
業界そのものが下り坂になった結果、真面目に彫っている職人も逆風にさらされている有様です。

自分も、いつまで続けられるか分かりません。

 


それでも、技術を継承したものとして。

一字千金という言葉に似合う仕事を続けていきたいと思います。

 

 

それでは動画をどうぞ。


■YouTube

 

■ニコニコ動画

https://www.nicovideo.jp/watch/sm40217038

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。