堀松印房

それでも印相体を売りますか?2022.08.07

 

選挙中の銃撃事件から始まり、旧統一教会がなにかと話題に上がる昨今ですが。
そういう宗教団体の信者集めや献金の道具として、壺やハンコがよく報じられています。
またハンコが悪者扱いされているのは、腹立たしい限りです。

 

ハンコの業界誌の記事にあったのですが、そういった霊感商法に使われるハンコは、ほぼ印相体で彫られたものらしい。
パソコンと彫刻機さえあれば誰でもハンコを作れてしまうので、素人が作った駄作が市場にあふれている現代です。
それらの多くが、まさに印相体。
発注する側からすれば、それっぽいハンコを安く作ってくれる素人店は格好の相手だったのでしょう。
それらを法外な値段で信者に売りつけ、救済の名のもとにひとの人生を破滅させる。
極めて悪質です。

 

言われるまま印相体を彫り続けた彼らに、罪悪感はないのでしょうか?
彼らがどういう気持ちだったかは分かりませんが、結果として犯罪の片棒を担いだといっても過言ではない。

 


もちろん、印相体を彫ったハンコ全てが悪いわけではありません。
売った相手が善か悪かなんてわからない。
しかし、ただでさえハンコの価値が地に落ち、宗教団体の道具に使われたことで広まる悪評。
風当りは悪化の一方です。
要望があればそれに応えるのがハンコ屋ですが、このままでいいのでしょうか?
業界を挙げて、ブレーキの役目を果たす必要があるのでは?

 

怪しい団体と関わらないのは当然として、印相体のそういった情報も積極的に発信していくべきだと思います。
廃止とまでいかなくても、印相体に対する態度を改めるべき。
吉相も開運も、科学的根拠はないと。

 


じゃあほかの書体ならいいのか、と思われるかもしれません。
問題なのは、ろくに技術もない安売り店が乱立したために、安く簡単にハンコが買えると世間に認識されたことです。
その結果、技術が廃れ、ハンコの価値が下がり、業界が存亡の危機に陥った。
印相体はそれを助長する要因となってしまった。
出来はともかく、安くて誰でも作れる印相体だから、怪しい連中にも目を付けられた。
そんな罪深い書体を、お客様に勧められますか?

 


当店では今後も、印相体は取り扱いません。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。