ミニグラインダー2018.05.27

グラインダー

 

 

先日、彫刻機をいただいた知人のハンコ屋からは、ほかにも受け取ったものがあります。

その一つが、こちらのミニグラインダー


簡単に言えば、回転する円盤状の砥石に刃物を当てて削る機械です。
刃物の研ぎ屋さんなどでは、でっかい砥石を回転させて包丁を研いだりしますが、そのミニチュア版ですね。

 

はんこの彫刻機で一番大事な部品の一つが、なんといっても針です。
これがないと彫れません。
何本も彫って切れ味が落ちてきたら、砥ぎなおす必要があります。
通常であれば機械のメーカーさんなどに頼みますが、当然時間もお金もかかります。

 

でもこのグラインダー一台あれば、いつでも砥げるし電気代しかかからない。
しかもこちらは彫刻針を研ぐために作られているものなので、操作が簡単なうえに仕上がりがきれい。

刃を固定する部分は、カチッカチッと15度ずつ回転できるので、針が2面から最大24面まで削れます。
お店によっては、3面だったり4面だったり。いただいた光電式彫刻機の場合は8面でした。
手でやろうとするならよほど熟練した技術が必要なところが、すごく簡単に針が砥げるわけです。
実に優れものです。

 


難点を言えば、かなりの騒音が出ることと、粉が飛び散るので砥石の周りにカバーが必要なこと。
邪魔にならない程度に、周りにビニール袋をかぶせるとだいぶ粉の飛散は防げますが、やはり完全ではなく。
ある程度は覚悟してやる必要があります。
あとは、対応する針の太さが限定的。
ためしに別の知人の彫刻機の針をお借りしたところ、太すぎて金具に固定できませんでした。
刃先の形だけでなく、太さにまでバリエーションがあることを初めて知りました。

 


現在はハンコ関連でしか使っていませんが、せっかくなのでどんなことで応用できるか考えようと思います。


最後のお仕事2018.05.21

先月、知人より光電式彫刻機をいただいたと書きましたが。

 

いろいろ試行錯誤を重ねた末、残念ながら仕事には使えないことが結論付けられました……。

 


シートを透過した光を感知するセンサーが、かなりおかしくなっているようです。
その結果、彫るべきところに刃が下りない。これは致命的でした。
まともに感知しないものだから、今までのシートでは全く彫れたものじゃない。
そこで、より透明なシートを自作してみるものの、それでも完全ではない。
そもそも自作したシートではまともに印稿が書けない。
センサーともなるとさすがに分解しなければならず、でもできたところで治せる保障はない。
修理を頼めるところもない。

 

もはや打つ手がありませんでした……。

 


せっかくいただいたのに、機械自体がもう寿命だったようで。
泣く泣く、知人にお返しすることにしました。

 

 

ただ、刃が下りないというだけで、回転はできる。
つまり、印材を平らに削ることはできる。
というわけで。

 

 


過去に練習で彫った印材を削りなおすことにしました。
短くはなりますが、練習用なので問題なし。

 

それでも時々深さが安定しなかったり、速度が一定じゃなかったりと、まさに風前の灯火。
燃え尽きる前の最後の仕事を、頑張ってもらいました。

 


今まで何百本のハンコを彫ってきたのだろう。
元の持ち主に代わって、お疲れ様と言いたいです。

 


自作簡易スタジオ・改2018.05.15

過去に何度か、撮影用に簡易スタジオを作ったと書きましたが。
この度、またちょっと改良しました。

 

 

LEDランタン

 

今回のニューカマーは、100円ショップで買ったLEDランタン。
そしてでかい透明のアクリル板を二枚重ねて、間に紙を挟んだもの。

 

簡易スタジオ改


設置したのがこちら。

以前買ったレフ版を壁に、アクリル板を天板にし、その上にランタンを設置。
そして底面には大き目の紙を、壁と床の接地部分を隠すように固定すれば完成です。

 


過去の簡易スタジオ


こちらは改良前の簡易スタジオ。
ランタンの代わりにデスクライトを使用しています。

写真を見比べるとこちらのほうが明るいように思えるかもしれませんが、光源が増えたことによって影が減りました。
被写体の色も鮮やかになり、商品の紹介写真としては改善したといえます。
スタジオ周りもすっきりしたので、撮影しやすくなりました。


これで改めて、印材などサイトに載せる用の写真を撮りまくりたいと思います。


骨董機械2018.04.16

光電式彫刻機1  光電式彫刻機2

 

ハンコ屋の知人から、なんと古い彫刻機をタダで譲り受けました。

 

数十年前は現役でしたが、現在はロボット彫刻機を使っている。
全く動かされずにほこりをかぶっていたそうです。
捨てるのももったいないし、もらってくれないかという。

 

ならばありがたくいただきます(笑

 

現在はまず見かけなくなった、光電式彫刻機。
パソコン制御による彫刻とは違い、印稿の下から光を当て、光を遮断する黒の部分以外のみに回転する刃が落ちる仕組み。
印稿と印材、連動して回転することによって彫刻できるというわけです。

 

ロボット彫刻機と違って使いこなすのにけっこう苦労しますが、このアナログさを好んで、現在も使っているハンコ屋さんがおられます。
工業高校を出た自分としても、なかなかに心惹かれる機械です。

 

まだまだ操作を勉強しだしたばかりなので、早く使いこなしていろいろ彫ってみようと思います。

 


さーて、なにを彫ろうかな!


1 / 3212345...102030...最後 »