堀松印房

本番まであと二日。2017.02.09

 

技能グランプリ本番まで、とうとうあと二日となりました。

 

本番前最後の、印刀砥ぎを終わらせました。
万全とまでは言えませんが、出来る限りのことはしました。
明日は手を休めて、あさっての本番に挑むのみ。

 

幸い、当日の天気は問題なさそうです。
あとは交通機関が遅れないことを祈るばかり。


ちなみに、11日が本番で、翌日12日は静岡の熱海を観光する予定です。
テレビでも取り上げられる熱海梅園や、大楠で有名な来宮神社などに行ってみようかと。
ここまで本格的な一人観光は初めてなので、楽しんで来ようと思います。


失敗の跡2017.01.30

 

手彫りハンコ職人の命ともいうべき、印刀
これがないとハンコが彫れません。
刃や柄など材料は購入しますが、組み立てとメンテナンスは全て自分でやらなければなりません。

 

刃物ですので、使い続けていれば切れ味が落ちます。
なので定期的に砥石で砥ぐ必要があるのですが……これが本当に難しい。
修行を始めて7年になりますが、いまだに満足の砥ぎができたことがありません。

 


写真は数本ある印刀のうちの一本の刃先ですが、ご覧の通り大きな傷がついています。
これは修行を始めたころに、砥ぎに失敗して変な角度がついてしまった跡です。
大小の差はあれど、どの印刀も似たような跡があります。
今でこそなんとか彫れる状態にはなっていますが、これを見るたびに自分の力不足を痛感します。

 

道具を最高の状態に保ち続けることも、プロである職人の条件。
今後も砥ぎ続け、この傷がなくなるころには……今よりもっと上達していると願うばかりです。
何年かかるか分かりませんが……。

 

そんなことを思いながら、今日も砥石と刃物に向き合いました。


第29回技能グランプリ 東京都代表選手団激励会2017.01.26

 

来月、静岡にて行われる技能グランプリまであと二週間となりました。

 

それに先立ち、自分も含め東京の出場選手たちを激励する会が都内で行われました。
全国各地でも毎回行われるものらしいです。

 

写真は、当日着るジャンパーです。
他県の方々も、それぞれに支給された装いで本番に挑みます。
いわば、都道府県別対抗試合と言ってもいいかもしれません。

 

今回、印章木口彫刻で東京から出場するのは、三名。
そのうち、激励会に参加したのは自分のみ。事実上、印章業の代表になってしまいました。
身の引き締まる思いです。
もちろん手を抜くつもりはありませんが、全力で挑む覚悟を固めました。


この半月で、どこまで高みを目指せるか。
練習はもちろん、体調管理をしっかりして当日に挑めるかがカギになります。

あと何回彫れるかな。


ゴム印課題:百福2017.01.16

 

月に二回通っているハンコの技術講習会。
ゴム印もここで学ばせて頂いているのですが、先日出された課題がとんでもないものでした。

 

写真をご覧のとおり、いろんな意味で規格外。

 

一辺が20センチもある巨大なゴム印にまず驚き、これを全て彫らなくてはならないことに驚き。
そしてこの100文字全てが、福の字であるということにも驚きました。こんなに種類があるとは。

 

なにしろこの巨大さなので、一日やそこらで彫れるものではありません。
周りの二重枠を彫るだけで、ゴム刀が一本ダメになりました。
文字も10個も彫らないうちに切れ味が落ち、もう砥がなくてはなりません。
提出までしばらく時間があるのでまだいいですが、気が遠くなりますね……。

 

完成したら、イベントで展示しようと思います。
スペースがあればですが。


大会に向けて2017.01.07

 

一仕事終えてから、印刀を研ぎました。
ハンコを彫るうえで最も大事な仕事道具です。こまめに砥いで、切れ味を保つ必要があります。
以前に比べてだいぶマシに砥げるようになったとはいえ、まだまだ手元がぶれますね。
砥ぎ師という専門職もあるくらいです。砥ぎはとても奥が深い。

 


さて、来月は2年に一度の大きな大会があります。

 

技能グランプリ
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/ginogpx/index.html

 

その名の通り、全国から職人が集結し技を競う大会です。
何度か見学しに行ったことはありますが、このたびついに選手として参加することになりました。

 

印章彫刻以外にも、大工や機械工作、和裁や園芸、建築配管やタイル張りなど業種は多岐にわたります。
普段はなかなか見られない職人の技を直接見られるので、見学だけでも楽しいと思います。

 


そして現在、その本番に向けて課題の練習をしています。
競技の内容は、7時間以内に3㎝角のハンコを彫りあげること。字数は9文字。
比較的楽な字が多いので、優しい方だと先生はおっしゃいますが……7時間も彫り続けるのは初めて。
一級技能士の試験より長いです。

 

昨日、さっそく彫り始めてみたのですが……もう腕が痛いです。
さすが3㎝角。荒彫りだけでかなり消耗してしまいました。

 

本番までに、もう少しまともに彫れるようになっておかなくては……。