特殊書体+絵:Muland2019.01.16

 

先月の話になりますが、一件の問い合わせをいただきました。

大きいサイズでのイラストハンコを作ってくれないかと。


メールでのやりとりを続けて判明したのは、なんと最近流行っているヴァーチャルユーチューバー、通称VTuberに所縁のある方でした。
数人の新人VTuberをまとめ、「ミューランド国」というサイトを運営してらっしゃいます。

 

それほど詳しいわけではありませんが、前から存在は知っていたし興味もあったVTuber。
そんな分野で活動をされている方からのご依頼ということで、つい熱のこもった応対をしてしまいました(笑

 


ヴァーチャルとはいえ国を象徴するハンコとのことですから、本気で挑まねばなりません。
しかも、めったにない大きな印材です。30㎜もあります。
気合も入るというもの。
その熱意が功を奏したか、できた印稿にも満足していただき、ご注文の確定となりました。

 


そして、完成したものがこちらです。

 

 

 

 

提示していただいたのは真ん中のイラスト部分と、フォント字のみ。
その他調整と、枠のデザインはこちらでやらせていただきました。

 

なかなか骨の折れる作業でしたが、無事に完成してよかったです。

 

 

後日、お客様より感想をいただきました。
許可を得て掲載いたします。

 

 


————


『バーチャル国家の国璽を作って欲しい!!』
などという突拍子もない依頼にもかかわらず、こちらの要望を漏らさず親身になってご検討頂き、そこからしてまず感謝しかありません。
結果として期待していた以上のものを手にすることが出来ました。

バーチャル国家 ミューランドはその出自についてドイツとの関わりが深く
今回依頼するにあたっても、ドイツの伝統的で格式ある書体を是非取り入れたいと要望を出させていただきました。
難易度がとても高いとの事でしたが、ご快諾頂いた上にみごと完璧に仕上げていただきました。
萌えと格式という相反するようなシンボルを一つの印鑑の中に納めるデザインと技術は、間違いなく堀松印房さんでしか出来ないお仕事だと思います!


————

 

 

 

こちらこそありがとうございます!

今後ますます盛り上がっていくであろう、VTuber業界のお力になれたことをとても喜ばしく思います。

 


ミューランドは生まれたばかりの小さな国です。
今後の繁栄を祈りつつ、陰ながら応援させていただきます。

 


バーチャル国家 ミューランド
https://moeland.moe/

 


年末の大イベント2018.12.27

 
 
今年もあっという間に残りわずか。
 
みなさん年末で忙しいと思いますが、こちらも別の意味で忙しくしております。
 
 
毎年恒例、東京ビッグサイトサイトで行われるコミックマーケットに参加します。
久々に抽選で当たったので、今回はサークル参加です。
その準備に追われ、昨晩にようやくひと段落ついたところ。
参加日は30日ですので、もうすでにソワソワしております(笑
 
断片的にご存知の方もいらっしゃると思いますが、ごく簡単に言い表すならば。
 
コミックマーケット(通称:コミケ)は自由な表現の場です。
 
 
本を自作する方はもちろん、うちのようにグッズがメインのサークル、コスプレをする人など、表現方法はさまざま。
それら参加者に共通することは、みんなが楽しんでいること。
コミケという場を大事にし、次回もまた参加しようという思いで全国から集まってきます。
損得など度外視です。
(もちろん全員がそうとは限りませんが)
 
 
お祭りだの戦場だのといろいろな言葉で例えられる、この独特の空気は、参加してみないとわからないと思います。
ただし、参加するにはそれなりの覚悟が必要です。
 
何の予備知識も準備もなく飛び込んで、無事でいられる場所ではないからです。
 
必ず経験者と一緒に参加するか、コミックマーケットカタログを熟読することを強くお勧めします。
それほど、過酷な環境であることは間違いありません。
 
 
それでも。
 
すごく楽しい。
 
コミケに行かないと年が越せないと思うほど、すっかり染まり切っています(笑
 
そんなコミケに今回も参加できるという喜びをかみしめながら、年末の残り時間を過ごしております。
 
 
もし参加される方がいらっしゃるなら、どうぞお気を付けて。
コミケを楽しんでください。
 
12月30日(日) 西ホール い-09b 「堀松印房」
 
もしよろしければお立ち寄りくださいませ。
 
 
 
 
これが今年最後の更新となります。
 
この一年、いろいろありましたが、多くの方に支えられた一年でした。
その方々にすこしでも恩返しができたらと思います。
来年も、よりいいものを。
もっともっと腕を上げて、全国に名が知られるようなハンコ職人になるべく精進を続けます。
 
 
今年一年、大変お世話になりました。
 
よいお年をお迎えください。
 
 
 
堀松印房
堀松高志

刃物で彫らないハンコ2018.12.07

 

 

 
普段は木に彫ったりゴムに彫ったりしていますが、ごくたまに消しゴムハンコも彫ります。
 
木もゴムも消しゴムハンコも、刃物で彫るのは同じ。
そう思っていたのですが、最近ではなんと刃物を使わない消しゴムハンコのキットが売っています。
先のとがった棒で、線に沿って穴をあけていくというもの。
それに使うゴムも、通常売られている消しゴムハンコよりさらに柔らかいゴムを使います。
刃物を使わないので、お子様でも安心。ということらしいです。
 
実際に彫ってみました。
 
 
 
これは……
 
 
ものすごく彫りづらい。
 
 
 
ちゃんとした線にするためには、一定の力で、一定の間隔で穴をあけ続けなければならず、とても疲れる。
線以外の場所を彫る際も、柔らかいというよりはもろいので、彫り跡が汚い。
つい仕事柄、きれいに彫りたいと思って努力したものの、出来上がりはとてもじゃないけど満足できるものではありませんでした。
 
大きなサイズで、お子様が楽しんで体験する。
そういう場面でなら向いているのかもしれません。
 
でもハンコ職人としては、これはただストレスがたまるだけでした……。
 
これなら刃物を使って彫ったほうがずっといい。
コツさえつかめば一般の方でも楽に彫れますし。
 
 
あくまで消しゴムハンコ初心者向け、ということでなのしょう。
 
個人的には、初めから刃物を使った方が上達しやすいとは思いますが。
 

篆書+イラスト:刀真主2018.11.16

 

先日、良いご縁に出会い大変有意義なお仕事をさせていただきました。
 
婚約者にプレゼントするためのはんこを作りたい。
そうおっしゃる女性のお相手は、なんとドイツの方。
「刀真主」と当て字等もすでに決められており、あとはデザインのみ。
そこでネットから当店へのご注文でした。
 
侍好きという彼の好みも考慮し、何度か図案を提案させていただき、
結果として、とても満足していただける図案となりました。
 
そして彫りあがったのがこちらです。
 
 
21mm(七分丸)篆書、小篆:刀真主 Vienna TN1010
 
※掲載許可はいただいております。
 
 
コメントもいただきました。
 
以下抜粋
 
>素晴らしい、あの小さい面に細かく刻まれているのがなんだか可愛く、愛おしくすら見えました(^^)
>間違いなく間違いなく、感動するはずです!
>朱肉とパッドと合わせて綺麗なボックスに入れ、無事プレゼントの準備ができました。
>本当に感謝しております。
>今回は、日本ならではの職人技が好きな、ドイツ人の婚約者へのプレゼントでした。
>彫りの仕上がりはもちろんのこと、「刀」のデザインを上手くミックスして、私の想像を越えるユニークな印稿を出して下さったことにも、感激いたしました。
 
 
 
依頼主の女性はもちろん、お相手の男性もとても喜んでいたと、のちに伝えていただきました。
それだけでなく、なんとお礼の動画まで送っていただきました。
こんなことは初めてです。
 
自分が作ったものが海外に出ることも初めてですし、
ここまで喜んでいただけたということに胸が熱くなる思いです。
直接お会いすることは難しいですが、確かにこの時だけは、心が通じ合った気がします。
 
お客様との距離が近いこの仕事だからこそ、味わえた感動だと思います。
本当に、ありがとうございました!
 

篆書:ラーメン十兵衛2018.11.15

 

24mm(八分角)篆書、印篆:ラーメン十兵衛

 

24mm(八分角)篆書、印篆:ラーメン十兵衛

 

講習会の課題で彫ったものです。
ご注文の場合は必ずご相談させていただきますが、こちらは課題なので自由に。
ただ店名を入れるだけでは物足りなかったので、ラーメンにちなんだ模様を配置してみました。
 
ここでのポイントは、外枠と、店名の両端の枠の太さを変えていること。
もし枠をそろえてしまえば、中の二本が主張しすぎてしまい、はんこ全体としてのバランスが崩れてしまいます。
文字と模様、そして枠が、一つのはんことして調和のとれたものでなければなりません。
完成度を求めるなら、そういった配慮も必要です。