堀松印房

ドキュメント:歳の印2019 その13「価値」2019.12.13


正直なところ、自分はこの歳の印について、いい仕事をしたとは思っておりません。


ハンコ職人の本義とは、印面に唯一無二の文字を彫りこむこと。

彫る技術はもちろん大事ですが、印稿、つまり文字とバランスの方にウェイトを置くべきです。
そこがおろそかになったハンコに価値はありません。
いかに美しく彫られたものであったとしても。

 

そしてもう一つ、実用品を作る技術者であること。
ハンコなのですから、誰であろうと捺せなければ意味がありません。

 


それらの視点からこの歳の印を見ると。


まずなにより、製作期間が短かった。
動き出すのが遅かったため、なにより大事な印稿にかける時間を十分にとることができなかった。

その結果、不完全の印稿で彫り始めることになってしまいました。


さらには、実用品というにはあまりにも巨大なハンコ。
まず素人にはまともに捺せないでしょう。
プロである自分ですら、特殊な方法で20回近くも捺して、なんとか使えそうなものが数枚という有様です。

 


9センチ角に歴代元号506文字を彫りこむ、それ自体はすごいことです。
パフォーマンスとしては有効でしょう。

 


しかし……それは「ハンコ」と言えるのでしょうか。

 


誰も捺せない、そこに重要な意味や用途があるわけでもない。
ただ飾られるためだけに作られた「それ」に、果たして価値はあるのでしょうか。

 


何のための歳の印なのか。

 

 

依頼主の要望に応えるのも、ハンコ屋として正しい姿ではありますが……。

 

自分たちは、ハンコ屋です。彫刻家ではありません。

 

 

苦労して彫り終えた後も、釈然としないまま最後の作業へ移ります。

 

 


続く。

 

 


◆ 動画 ◆

 

 

【手彫り】歳の印を彫る。04仕上げ⑥114時間10分仕上げ終了

 

ついに仕上げ完了! 次回でラストです。


YouTube
https://youtu.be/1ThE-jxCkK4


ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36081386


ドキュメント:歳の印2019 その12「彫る順番」2019.12.12


動画を見て気づかれた方も多いと思いますが、端っこから順番に彫っていくわけではありません。

わざと何行か飛ばして彫っています。


それはなぜか。

 

一文字一文字彫っていたら、ゴールのあまりの遠さにげんなりする。

それもあります。


過去に彫った文字が目印になり、次に彫る字を見失うことが減る。

それもあります。

 

でもそれよりも大きな理由は、文字の太さを揃えるためです。

 


自分では揃えているつもりでも、今彫った文字と過去に彫った文字の太さが違う。
そんなことがよくあります。
手彫りならなおさら。

 

だから、わざと隙間を開けて彫ることにより、過去に彫った隣の列の字と見比べることで太さを揃えやすくなります。
逆に過去の文字を見直すことも容易なので、結果として太さの差を縮めることができるわけです。

 


とはいえ……所詮は手作業。

実際にはどうしても差が生まれます。
506個もある文字の太さをすべて揃えるなんて、まず不可能です。


でも一文字ずつ彫っていったら、その修正だけでかなりの時間を消費してしまうでしょう。

時間短縮という意味でも、この彫り方は有効だと思います。

 

ちなみに、普段の仕事でもこの方法で彫っています。

 


続く。

 

 


◆ 動画 ◆

 

 

【手彫り】歳の印を彫る。04仕上げ⑤80時間経過

 

YouTube
https://youtu.be/3iXyK-H8za8


ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36077375

 


ドキュメント:歳の印2019 その11「撮影」2019.12.11


今回に限らず、彫刻途中を撮影しては動画に残してきました。

その際に最も気を付けるのは、アングルです。


手が邪魔で刃先が隠れてしまったり、ライトの明かりで印面が見づらかったり。
ベストポジションを探すのに毎回苦労しています。

 

しかも、うちにあるのは三脚のみ。

可動式アーム型の撮影道具でもあれば、もっと自由にアングルを探ることがきるのですが……。
なかなかいいものが見つからず。
そういう本格的なものは、高額なものも多いですし。

 


そんなわけで、今回も三脚を駆使して撮影しました。

使用したカメラは、一年半ほど前に買ったハンディカメラです。

 


 


4Kほどの画質は無理ですが、それでも以前に使っていた古いデジカメよりは断然高画質。
動画の説得力が増しました。

 


 

 

あとこのカメラの特徴として、ワイプ撮り機能というものがあります。
動画でもありましたが、メインで撮る映像とは別に、サブカメラで別アングルを同時に撮ることができます。
撮影者本人を撮ったり、隣にいる人を撮ったり。
今回は、サブカメラを前方に回して、引いたアングルで撮りました。

 

印面だけでなく、彫刻者も撮影できた。
こういうハンコの紹介動画としては、有効だったかと思います。

 

 

 

続く。

 

 


◆ 動画 ◆

 

 

【手彫り】歳の印を彫る。04仕上げ④60時間経過

 

YouTube
https://youtu.be/BsTcFVmrtM0


ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36072806


ドキュメント:歳の印2019 その10「改善」2019.12.09


どうやら筋肉痛の原因は、ずっと腕の位置を浮かせたまま維持させ続けていたためのようで。
時々休憩をとっていたとはいえ、その状態で一日彫っていたら……筋肉痛にもなります。

 

ちなみに荒彫りの時は、痛みが出ることはありませんでした。
彫るのに緩急があり、多少動きがあったからかもしれません。

 


なんとか治ったとはいえ、締め切り間近のこの時期に、また仕事を中断させるわけにはいかない。

というわけで、改善策を講じます。

 


ずっと腕を浮かせたままだったから痛みが出たわけで、ようは肘を置く台を用意すればいいわけです。

 

ちょうどいい高さの台を探すのに多少手間取りましたが、設置完了。
やろうと思えば、肘を置いたまま彫ることもできます。

 


そのおかげで、これ以降、腕が痛くなることはありませんでした。

 

よかったよかった。

 

 


続く。

 

 

 


◆ 動画 ◆

 

 

【手彫り】歳の印を彫る。04仕上げ③40時間経過

 

YouTube
https://youtu.be/2-y-f5rJAV0


ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36064686

 


ドキュメント:歳の印2019 その9「激痛」2019.12.08


線を整え、生きた文字を彫り上げていく仕上げ。
印章彫刻にとって最も大事な工程ゆえに、本気で挑まなければなりません。

 

だから、腕にも力が入るのは当然のことで……。

 


それが悲劇を生みました。

 

 

仕上げを始めて、二日目。

 

右肩が筋肉痛に。さらに体調不良。

その日はろくに作業ができず、早めに寝ました。


翌日、痛みは多少引いていたので、一日中彫っていましたが……夜になり、痛みが激化。
痛みがひどくてまともに寝られないほどでした。

 


朝になり、まともに腕があげられない。字を書くのにも苦労する。
日常生活に支障が出るほどの痛み。

当然、仕事なんてできませんでした。

 


医者へ行くことも考えましたが、彫らないなら彫らないでほかの作業もあったため、安静にしつつ様子をみることに。

 

痛みに耐えつつ、元通りに動けるまで、なんと4日も費やしてしまったのでした。

 

 

締め切りまで、残り約半月。

 

 

続く。

 

 

 

◆ 動画 ◆

 

 

【手彫り】歳の印を彫る。04仕上げ②20時間経過

 

YouTube
https://youtu.be/VEafjolvFGk


ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36060403