堀松印房

ドキュメント:歳の印2019 その11「撮影」2019.12.11


今回に限らず、彫刻途中を撮影しては動画に残してきました。

その際に最も気を付けるのは、アングルです。


手が邪魔で刃先が隠れてしまったり、ライトの明かりで印面が見づらかったり。
ベストポジションを探すのに毎回苦労しています。

 

しかも、うちにあるのは三脚のみ。

可動式アーム型の撮影道具でもあれば、もっと自由にアングルを探ることがきるのですが……。
なかなかいいものが見つからず。
そういう本格的なものは、高額なものも多いですし。

 


そんなわけで、今回も三脚を駆使して撮影しました。

使用したカメラは、一年半ほど前に買ったハンディカメラです。

 


 


4Kほどの画質は無理ですが、それでも以前に使っていた古いデジカメよりは断然高画質。
動画の説得力が増しました。

 


 

 

あとこのカメラの特徴として、ワイプ撮り機能というものがあります。
動画でもありましたが、メインで撮る映像とは別に、サブカメラで別アングルを同時に撮ることができます。
撮影者本人を撮ったり、隣にいる人を撮ったり。
今回は、サブカメラを前方に回して、引いたアングルで撮りました。

 

印面だけでなく、彫刻者も撮影できた。
こういうハンコの紹介動画としては、有効だったかと思います。

 

 

 

続く。

 

 


◆ 動画 ◆

 

 

【手彫り】歳の印を彫る。04仕上げ④60時間経過

 

YouTube
https://youtu.be/BsTcFVmrtM0


ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36072806


ドキュメント:歳の印2019 その10「改善」2019.12.09


どうやら筋肉痛の原因は、ずっと腕の位置を浮かせたまま維持させ続けていたためのようで。
時々休憩をとっていたとはいえ、その状態で一日彫っていたら……筋肉痛にもなります。

 

ちなみに荒彫りの時は、痛みが出ることはありませんでした。
彫るのに緩急があり、多少動きがあったからかもしれません。

 


なんとか治ったとはいえ、締め切り間近のこの時期に、また仕事を中断させるわけにはいかない。

というわけで、改善策を講じます。

 


ずっと腕を浮かせたままだったから痛みが出たわけで、ようは肘を置く台を用意すればいいわけです。

 

ちょうどいい高さの台を探すのに多少手間取りましたが、設置完了。
やろうと思えば、肘を置いたまま彫ることもできます。

 


そのおかげで、これ以降、腕が痛くなることはありませんでした。

 

よかったよかった。

 

 


続く。

 

 

 


◆ 動画 ◆

 

 

【手彫り】歳の印を彫る。04仕上げ③40時間経過

 

YouTube
https://youtu.be/2-y-f5rJAV0


ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36064686

 


ドキュメント:歳の印2019 その9「激痛」2019.12.08


線を整え、生きた文字を彫り上げていく仕上げ。
印章彫刻にとって最も大事な工程ゆえに、本気で挑まなければなりません。

 

だから、腕にも力が入るのは当然のことで……。

 


それが悲劇を生みました。

 

 

仕上げを始めて、二日目。

 

右肩が筋肉痛に。さらに体調不良。

その日はろくに作業ができず、早めに寝ました。


翌日、痛みは多少引いていたので、一日中彫っていましたが……夜になり、痛みが激化。
痛みがひどくてまともに寝られないほどでした。

 


朝になり、まともに腕があげられない。字を書くのにも苦労する。
日常生活に支障が出るほどの痛み。

当然、仕事なんてできませんでした。

 


医者へ行くことも考えましたが、彫らないなら彫らないでほかの作業もあったため、安静にしつつ様子をみることに。

 

痛みに耐えつつ、元通りに動けるまで、なんと4日も費やしてしまったのでした。

 

 

締め切りまで、残り約半月。

 

 

続く。

 

 

 

◆ 動画 ◆

 

 

【手彫り】歳の印を彫る。04仕上げ②20時間経過

 

YouTube
https://youtu.be/VEafjolvFGk


ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36060403

 

 


ドキュメント:歳の印2019 その8「仕上げ準備2」2019.12.07

 

面擦りが終われば、次に墨打ち。今回は黒です。

墨が薄すぎても濃すぎてもだめなので、慣れが必要です。


全体に塗れたら、筆の側面で磨きます。

そうすることで印面が光るので、より印面と土手の境界がはっきりして仕上げがしやすくなります。

 


そして最後に、ハンコ全体の角を取る面取りです。

いわばこれは、最初にやる仕上げとも言えます。
印面の縁をきれいにそろえることで、捺した時にピシッと締まります。
逆に、機械彫りではこの面取りをしないので、印影の輪郭がぶれてしまいます。

 

 

以上で、準備は完了です。

 

次からがいよいよ、作品の出来を左右する仕上げ。

 

命を削る作業です。

 

 




続く。

 

 

 

 

◆ 動画 ◆

 

 

【手彫り】歳の印を彫る。04仕上げ①


仕上げの開始。まずは枠から。


YouTube
https://youtu.be/EgADD-sJkSc


ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36055369

 


ドキュメント:歳の印2019 その7「仕上げ準備1」2019.12.06


荒彫りを終えてからが、職人の真価が発揮されます。


現時点では、ただ文字の体をなしているだけであって、生きた字ではありません。

そこに命を吹き込むことが、手彫り職人の使命です。

 

 

そのために、まず仕上げ前に準備をします。

 

荒彫り前にもやった面擦りを、もう一度します。

 

印面に塗った朱墨を取らずにさらに墨打ちをしてしまうと、印面に無用な凹凸ができてしまうというのが一つ。
一回目では取り切れなかった印面の凹凸を消すのが一つ。
荒彫り中に、うっかり傷つけてしまった印面を復活させるのが一つ。
なので大事な工程です。

 

もちろん、やりすぎてしまうと文字そのものが消えてしまうので、あくまで軽く。
状態を確認しながら見極めます。

 

 

 

 

 

 

続く。

 

 

 


◆ 動画 ◆

【手彫り】歳の印を彫る。03仕上げ準備


仕上げ前の準備作業です。


YouTube
https://youtu.be/P-baq76h74M


ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36050612