銀行印(法人向け)

基本的には個人向けの銀行印と同じで、銀行に口座を開設するなどに必要な印鑑です。
預金の払い出し、手形や小切手を発行する際にも使われます。

 

法人向け銀行印も代表者印と同じく、円形の外周(回文)に会社名を、内周(中文)に肩書きを彫るのが一般的。
個人向けのハンコのように、会社名だけを彫る場合もあります。
書体で差をつけたり、代表者印より小さ目の印材で作ることで区別します。肩書きの代わりに「銀行之印」にすることも。

 

一般的には経理部長が管理する場合に特別に作成しますが、代表者が直接管理する場合は代表者印を銀行印として併用する場合があります。
銀行印を紛失してしまった場合は、すぐ取引銀行に連絡し、改印届を出します。
それ以外のハンコを紛失してしまった場合にも、不正に使用される前にただちに関係先に連絡することが大切です。警察署へ紛失、盗難届を出すことも考えられます。
何か起きてからでは遅いです。日ごろから厳重に管理しておく必要があります。

 

 

ご購入はこちら