印泥(いんでい)

古来中国より使われる伝統的な朱肉で、中国で採れる珠砂(硫化水銀系)に乾燥させたヨモギを合わせ、顔料で色付けし、油で粘度を整えたものです。

 

印泥
印影の鮮明さ、色の深み、変色やにじみが少ないなどが特徴で、落款印など石のハンコを捺す際にもよく使われます。
ただ若干乾きにくいのと、まめに手入れする手間が必要なため、上級者向けとも言えます。

 

長く放置すると朱と油分が分離してしまい、夏の暑さなどでもべとついてしまいます。その場合は、冷蔵庫で冷やしてから使うか、油とり紙などで油分を取り除く必要があります。