印鑑

ハンコ自体を印鑑と呼ぶこともありますが、本来は自治体や金融機関に登録してあるものを「印鑑」と呼びます。
その印鑑をどこに登録したかによって、たとえば市区町村役場なら実印、金融機関であれば銀行印となるわけです。
なのでどこにも登録していない認印は、印鑑とは呼びません。