印鑑登録

ハンコを市区町村役場に登録することを言います。印鑑登録をすることでそのハンコは「実印」となります。
実印を登録をすると、印鑑証明書の発行ができるようになります。


印鑑登録できる実印の特徴としては、

・印影(ハンコを捺した跡)の大きさが8mm以上、25mm以下の正方形に収まる大きさ。角印、楕円でも可能。
・名字のみ、名前のみ、姓名両方のいずれかを戸籍のとおり彫刻したもの。
 模様が入っていたり、あだ名や通称、ペンネームは不可。
 役所によっては、姓または名のみが駄目だったり、機械で彫刻されたものが登録できなかったりしますので、事前の確認が必要です。
・ゴム印など、変形、変質しやすい材質のハンコではないこと。
・印影が不鮮明だったり、文字の判別ができないものは登録できない。

 

日本在中で15歳以上であれば、原則として登録できます。
登録するには、住民票のある市区町村役場へ、免許証またはパスポート、住民基本台帳カードなどを本人が持っていけばすぐできます。
費用は200円~500円かかります。
申請が済めば、「印鑑登録証カード」が交付されます。
このカードがあれば、実印がなくても、または代理人でも印鑑証明書を発行することができます。

 

外国人の場合は、外国人登録法による登録をしていれば日本で印鑑を登録することができます。方法は日本人の場合と同じです。
しかし日本の名前と違い、文字数が非常に多い場合があります。その場合、登録する役所によってどのような実印が必要かさまざまです。
アルファベットの実印が必要なのか、ファーストネーム、ミドルネームを省略してファミリーネームのみで登録をするのか、カタカナなど通称名での登録となるのか。
実印の登録をする前に、事前に市町村役場にお尋ねすることをお勧めします。