印材の種類

当店で取り扱っております印材について解説いたします。

 

【本柘(ほんつげ)とは】

印材まとめ 本柘
木の印材としては一番メジャーなのが柘です。
緻密性に優れ、硬さと粘りのバランスが良いため細かい細工を施すには最適な木材ですから、昔から櫛・かんざし等と共に印材としても長く親しまれております。
柘植と書く地域もあります。
鹿児島産、御蔵島産、ほかにアカネと呼ばれる輸入材(タイ国他)が代表的ですが、印鑑には一般に鹿児島の薩摩柘が用いられます。
当店の柘も薩摩柘となります。

 

ご購入はこちら

 


【黒檀(こくたん)とは】

印材まとめ 黒檀
黒色と淡赤色の縞目模様を形成する、熱帯および亜熱帯地方の一部で育つカキノキ科の常緑広葉樹。
黒檀は世界で最も良質の木とも言われており、硬くて半永久的な耐久性を持ち、水に沈むほど比重の高い木です。
さらに油分を含んでいるので、使えば使うだけ味が出てきます。
彫刻、高級建築材、高級家具材、楽器等に適し、紫檀と同様に銘木として古くから珍重されています。
印材としても優れていて、重圧感ある大人の印鑑ともいえます。

 

ご購入はこちら

 


【彩樺(さいか)とは】

印材まとめ 彩樺
彩樺は資源の枯渇を避けるために新しく開発されたエコ印材です。
北方寒冷地で産出されるバーチ材(真樺)を、フェノールレジンと呼ばれる樹脂を使い、高圧加熱処理をして作り上げた、最近注目されている素材です。
一般の木材と比べて、硬度に優れ、キメも細かく、伸縮及びヒビ割れの少ないので印材に向いています。
また、独特な木目が暖かさを感じさせる印材です。
色合い的にも暖かな色合いを持っており、女性が持っても武骨なイメージもないため、彩樺の印鑑は非常に優れた一本になってくれます。

 

ご購入はこちら

 

 

【アグニとは】

印材まとめ アグニ

アグニは、北海道産の樺の木(間伐材)をリンゴの皮をむくように薄くスライスした単板に、
フェノール樹脂を真空含浸させ、重ねて高圧加熱処理を施したもので、通常「積層強化木」と呼ばれています。
原木からほぼすべて使用できる、環境問題や森林資源の枯渇対策のために開発された新しい印材。
天然樹木60%、樹脂40%、通常の木材より数倍の耐久性があり、サイズの狂いが少なく強度が高いのが特徴です。
アンティーク家具のような外観で、温もりと重圧感がある上品な木目と、やや紫がかった深みのある赤色の印材。
年齢、性別を問わず人気があります。
「アグニ」とはインド神話の「火神」から由来する名前です。

 

ご購入はこちら