角印

個人ではなく、法人または団体が使います。請求書や領収書、契約書などに捺され、いわば法人向けの認印のようなものです。
請求書、領収書、納品書など会社印の中では最も使用頻度が高く、認印よりも簡略なケースで使用されるのが一般的です。

 

角印は、正式な会社名を彫った四角いハンコです。実印より大きめのサイズが一般的で、書体は比較的読みやすいもので、縦書きに彫ります。

 

たとえば契約書締結の際、会社名の上から角印を捺し、代表者名の横に代表者印または認印をセットで捺すケースがあります。
その場合の角印に特別な意味はなく、いわば「見た目重視」です。ハンコが二つ捺されていることによる証明力という意味では有効かもしれませんが。

 

よく会社の角印などが、住所や社名の文字に重なるように捺されている場合がありますが、角印は実印と違い照合の必要がないためです。
逆に言えば実印は印鑑証明書の印影と照合する必要があり、文字と重なる捺し方は好ましくありません。
記名や署名のすぐとなりに捺し、かつ離れすぎないよう捺すのがコツです。

 

 

ご購入はこちら