消印(けしいん)

よく、はがきや封筒に貼る切手に郵便局の印鑑が押されていますが、あれが消印です。切手からはみだして捺すことで、切手の再利用を防いでいるのです。

ほかには、印紙税法が定める所定の印紙を貼り、契約書と印紙の模様にかけて消印を押すことも多いです。
購入した収入印紙を書面に貼り、消印することで納税したことになります。


この印紙は、税金の納入方法のひとつとして貼るもので、契約の内容とは無関係です。
たとえば領収書に印紙が貼っていなくても、領収書そのものは有効です。ですが、金額によっては貼らないことで脱税となることがありますので注意が必要です。