銀行印(個人向け)

その名の通り、銀行へ預けたお金を守るための印鑑です。通常は姓のみを彫刻します。
オリジナルであることが絶対条件なのは実印も同じですが、銀行印は実印のような厳しい規則がないので、ある程度自由にデザインできます。

もちろん、名前が入っていなければそもそも意味がありませんが、マークやイラストが入っているものでもOKです。
ただし、銀行によっては登録ができない場合もありますので、ご確認ください。

 

ここで大事なのは、「引き出すため」ではなく、「守るため」のハンコだということ。

 

よく、文房具屋などで売ってる安いハンコで済ませてしまう方がいます。
もしハンコを無くしても、同じハンコがすぐ手に入るからと。
果たしてそれでいいのでしょうか?
例えばもし、自宅の鍵を取り替えるとしたら、どうしますか?
いつでも買える、安価な鍵で済ませますか?
それは言い換えれば、自宅の鍵がどこにでも売ってるようなものです。それでは、悪用してくださいと言っているようなもの。
大事な財産を守るためには、替えのきかない唯一の鍵でなければならないはずです。

 

それはハンコも同じこと。

 

銀行印とは、預けたお金を「守るため」のハンコなのです。
だからこそ、オーダーメイドでお作りすることを強くお勧めします。

 

一本のハンコで複数の口座を管理するのも避けたほうがいいです。
もしその一本を紛失してしまったり盗難されてしまった場合、すべての口座で改印手続きをしなければなりません。
ですが現在は通帳に届出印の印影が貼られなくなったため、どの通帳にどの印鑑を登録していたのか分からなくなることがあります。
通帳と一緒に保管するのは危険ですし、金融機関のカラーと同じ袋に入れて別に保管するなどの工夫が必要です。

 

 

 

セキュリティ上の問題から、「実印 兼 銀行印 兼 認印」のように一本のみで使用するのは危険です。
一本作れば一生使えるものですので、容易に偽造が可能な安いハンコより、良質な手彫りのハンコをお勧めします。

 

ご購入はこちら