認印(個人向け)

認印とは、郵便物の受け取りなどに使用する、一番使用頻度の高い日常的なハンコ。銀行印と同じく、姓のみを彫るのが一般的です。

インクを内蔵した朱肉のいらないスタンプ印も広い意味では認印かもしれませんが、本来は朱肉をつけて捺印するものを言います。

 

銀行印より手軽に捺せるために、それこそ三文判で済ませていいとお思いかもしれません。
荷物の受領のみで使うならそれでもいいかもしれませんが、大事な書類などに捺す場合は注意が必要です。
オリジナルのものでなければ、「自分が捺した」と証明できないからです。

もし三文判であれば、例えば役所に提出する大事な書類を、他人が勝手にあなたの名前で出すことも可能です。
知らない間に、知らない人と婚姻関係になっていた、なんてことも……。

そうならないために、認印であっても、オリジナルであることがトラブルを避ける有効な手段です。
このハンコを捺したのは自分だけ、そう主張できることが大事なのです。

 


セキュリティ上の問題から、「実印 兼 銀行印 兼 認印」のように一本のみで使用するのは危険です。
一本作れば一生使えるものですので、容易に偽造が可能な安いハンコより、良質な手彫りのハンコをお勧めします。

 

ご購入はこちら