落款印

姓名印、雅号印などの総称で、書道や絵画の作品に作者が捺すハンコのこと。
一人の作者がいくつも捺す場合が多く、それが真贋鑑定の材料ともなります。


最近は趣味で落款を彫る方もいて、印材は円林(ぱりん)石・寿山(じゅざん)石・青田(せいでん)石などの天然石が主流です。
大きさに規定はありませんが、捺す作品の大きさによって使い分けます。

 

落款の語源は「落成款識(らくせいかんし)」といい、作品が落成(完成)したときに捺します。
あまり硬く考える必要はなく、はがきや便せんなどにおしゃれを楽しむように捺す感覚でいいと思います。