サグリ・アタリ

指付(ゆびつき)、座繰り(ざぐり)とも呼ばれ、印の上下を確認するために印章の側面に付けられた窪みのことをいいます。
ほかに突起物を埋め込んだり、シールを貼ったものをサグリと呼んだりもします。


中にはサグリがない印章もありますが、これは捺印する際に、印面を見て上下を確認する手間を設けることで、「本当にこのハンコを捺していいのか」と考える時間を生むためだという説もあります。