契印(ちぎりいん)

契約書が複数枚になる場合、それらが一つの契約書であるという証明のために捺される印影です。
この契印がないと、後でいくらでも追加や差し替えが可能となるので危険です。
捺される印鑑は契約書に捺したものと同じでなければならず、かつ契約当事者全員分の契印が必要です。