割印(わりいん)

たとえば同じ契約書を二通作ったときに、同時に作成された同じ契約書であるという証明のために割印を捺します。
作成する書類が複数枚になった場合、それらの書類に共通性をもたせるために、書面同士にまたがって捺すハンコのことを割印といいます。
このとき使用する印鑑は、契約書に捺されているものと必ず同じである必要はありません。