Archives

騙されているかも? ネットショップの嘘を見抜くポイント5つ

ハンコの制作工程として、だいぶ大まかに説明すると

 

・字入れ
・荒彫り
・仕上げ

 

この三つが大きな柱となります。

 

完全手彫り職人はすべてを手作業で、唯一無二のハンコを彫りあげるわけですが。
多くの安売りハンコ屋では、機械による荒彫りまでしかやっていません。
しかも字入れの段階から、PCにある書体をそのまま使っているので、データさえあればいくらでも同じものができあがります。
だからこそ納期が早く、しかも安いものが手に入る。
お客様からすれば、それは歓迎すべきことでしょう。

 

ですが、そもそもハンコというものは、同じものが二つあってはいけないのです。
いわば金庫の鍵ともいえる大事なものなのに、簡単に量産できるハンコでは、価値はないどころか危険でしかありません。
そんなものに、自分の財産や権利を預けてしまっている。
残念ながら、数多くの方が知らずにやっていることなのです。


中にはハンコの価値をちゃんとご理解し、本物を求めるお客様もいらっしゃいます。
100円ショップで売っていたり、店頭に並んでいるような既製品ではちょっと心配、そういう方もおられます。

しかし残念ながら、そういった方々を騙すネットショップが数多く存在しているのも事実です。


ここでは、それらネットショップの嘘をここで明らかにしていこうと思います。

(さらに…)



もしハンコを紛失してしまったら

どこにも登録していない認印であれば、紛失または盗難にあったとしても、すぐ新しいものを用意すればそれで済みます。
しかし印鑑登録をしている実印を失くしてしまった場合、ただちに市区町村役場に届出をし、印鑑を停止する手続きをしなければなりません。

本人が役所へ行くのが一番ですが、もし難しい場合は代理人でも可能です。しかし委任状が必要です。

(さらに…)



ハンコと重要書類、一緒に保管していませんか?

銀行印と預金通帳を別々に保管することは多くの方が心がけているかと思いますが、実印と印鑑登録証、あるいは不動産などの権利書は別にしていますか?
印鑑登録証があれば、氏名、住所、生年月日、世帯主住所を申告するだけで、本人でなくても印鑑証明書が発行できます。

(さらに…)