堀松印房

Archives

止印(とめいん)

契約書などの文章に余白があるとき、文末に捺す印影のことを止印といいます。後日、文章が不正に書き足しされないために捺します。
止印の代わりに「以下余白」とする場合も同じ意味を持ちます。
使用するハンコは、署名捺印に使用したものと同じハンコを使います。



割印(わりいん)

たとえば同じ契約書を二通作ったときに、同時に作成された同じ契約書であるという証明のために割印を捺します。
作成する書類が複数枚になった場合、それらの書類に共通性をもたせるために、書面同士にまたがって捺すハンコのことを割印といいます。
このとき使用する印鑑は、契約書に捺されているものと必ず同じである必要はありません。



消印(けしいん)

よく、はがきや封筒に貼る切手に郵便局の印鑑が押されていますが、あれが消印です。切手からはみだして捺すことで、切手の再利用を防いでいるのです。

(さらに…)



捨印(すていん)

文書の内容に訂正箇所が出た時のために、前もって訂正印になる印鑑を欄外に捺しておくものを捨印といいます。
訂正が必要になったときにわざわざ相手のハンコをもらいに行く必要がないため便利ではありますが、これは逆に言えば「あとでどんな訂正が行われてもかまいません」と言っているのと同じです。

(さらに…)



訂正印

簿記印ともいい、帳簿や伝票などで訂正箇所に捺すハンコのことです。
訂正箇所に二本線を引き、訂正者の名前が入った訂正印を捺します。縦書きならその右横に、横書きならすぐ上に正しい文字を書きます。

(さらに…)