Archives

印影

紙面などに印章を捺し、残ったものを印影といいます。この印影を登録することで印鑑となります。
なので、ハンコ屋さんで売っているものは印鑑とは言いません。印章、ハンコを売っているのです。

ちなみに、ハンコを捺すことを「押印」「捺印」「押捺」ともいいます。



印章

よく印鑑と混同されがちですが、印章ハンコ本体のことです。一般的にはハンコはんこ判子の方がなじみがあるかもしれません。

つまり、印章とハンコは同じ意味です。
ハンコとはんこはカタカナかひらがなかの違いだけで、同じものだと考えていいと思います。



印鑑証明

その実印が、「本人が登録した印鑑」であるという証明すること。
印鑑証明書を発行することで、正当性が証明され、会社登記などの非常に重要なときなどに必要となります。

(さらに…)



印鑑登録

ハンコを市区町村役場に登録することを言います。印鑑登録をすることでそのハンコは「実印」となります。
実印を登録をすると、印鑑証明書の発行ができるようになります。

(さらに…)



印鑑

ハンコ自体を印鑑と呼ぶこともありますが、本来は自治体や金融機関に登録してあるものを「印鑑」と呼びます。
その印鑑をどこに登録したかによって、たとえば市区町村役場なら実印、金融機関であれば銀行印となるわけです。
なのでどこにも登録していない認印は、印鑑とは呼びません。